【週刊現代の逸品】

講談社発刊の週刊誌『週刊現代』公認のショッピングサイト

 

 

 

週刊現代の逸品

はコチラから!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【週刊現代の逸品】

 

雑誌「週刊現代」が紹介する、地元の良さをよく知っている

 

各界の著名人が推薦する、お取り寄せグルメのオンラインサイトです。

 

自身の出身地で採れた海産物や、手作りの加工品など、

 

一番「買いたい」そして「贈りたい」、とっておきの逸品をご紹介します。

 

【週刊現代の逸品】では

 

こんなグルメが人気です!

 

城戸真亜子さんオススメ!『しら河』ひつまぶし

 

ナンバーワンは愛知県の名古屋の名物「ひつまぶし」

 

「数あるひつまぶしの中でも、たれがあっさりとして、甘みも上品な『しら河』が一番のお気に入りです」と

 

推薦人の城戸真亜子さん。あっさりとしてキレのあるたれは、醤油とたまり醤油を合わせ、水飴やみりんで調味。

 

料亭の頃から50年以上継ぎ足して使うことで、熟成したコクを生み出した。

 

「1膳目はそのまま、2膳目は薬味をまぶし、3膳目はだしをかける食べ方は、友達との食事でも盛り上がります」と、

 

城戸さんはおもてなしにも愛用する。

 

神田裕行さんオススメ!『自然派ハム工房リーベ・フラウ』のアイスバイン

 

『ミシュランガイド東京』では5年連続三つ星を獲得した日本料理人の神田裕行さんが推薦人です。

 

「3年ほど前に初めて訪れ、品質の高さに驚きました。ミネラルなどを配合した飼料と衛生的な設備で育てた豚を、

 

極力無添加で加工する。一貫生産体制だからできることです」

 

と、プロならではの推薦理由です。神田さんのお気に入りは南ドイツの伝統料理である「アイスバイン」。

 

塩と香辛料で1週間ほど漬け込んで熟成させた骨付きのスネ肉を、オーブンで焼いたもので、

 

噛むほどに旨味がじんわりと口中に広がります。

 

妹尾河童さんオススメ!『千代』水餃子

 

エッセイストの妹尾河童が、推薦するのはお好み焼きと広東料理の店『千代』の水餃子。

 

「つるりとした皮の中から、豊かな具材の旨みが口いっぱいに溢れる水餃子の美味しさに驚きました。」

 

古い文献にあたり、約300年前の広州にあった名店のレシピに改良を加えた。

 

豚バラのスライスを叩いたものに、海老や干し貝柱、干し椎茸など、贅沢な材料を惜しげもなく合わせている。

 

「25年前に取り寄せができるようになってからは、家でも楽しんでいます」と妹尾さん家の定番メニューです。

 

よくご確認ください

送料無料と送料別の商品があります。

のしや名入れも商品によって、対応の可否が異なります。

 

 

詳しくはオンラインサイトでご確認して下さいね↓クリック

 

週刊現代の逸品

はコチラから!

 


運営者情報・特定商取引法に基づく記述