【スリムエネマ】

腸内洗浄(浣腸)器具

 

10000円以上で送料無料!オンラインサイトならポイント5%還元!

 

 

【スリムエネマ】はコチラ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【スリムエネマ】とは

 

自宅トイレや浴室などで腸内洗浄(浣腸)ができる一般医療機器です。

 

本商品を使用して腸内をぬるま湯で洗浄することにより、腸内に滞留する便を取り除き、

 

腸の機能向上、活性化を目的としており、健康維持・美容を意識する方にとって魅力的な商品です。

 

【スリムエネマ】の特徴

 

一般医療機器として認可を取得

【スリムエネマ】は一般医療機器として認可を取得済みです。安心な日本製です。

 

医療機器製造販売届出番号:13B3X10179000002

 

自分で簡単に自宅のトイレで腸内洗浄が可能

使用方法は紛失防止用シリコンコードを下着などへ結び、キット付属のジェルを塗り、肛門に挿入します。

 

分解もできるので取り外してお手入れすることも可能

分解して取り外してお手入れすることも可能なので、衛生的です。

 

 

ご利用者によっては、コーヒーを用いる「コーヒーエネマ」に【スリムエネマ】を

ご使用頂いている方も多くいらっしゃいます。

 

【スリムエネマ】はオーガニックコーヒーの「デイリーコーヒー」も揃えています。

 

デイリーコーヒーは、健康維持・美容を考え、天然食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖や

ミネラルなどをバランスよく配合したたこだわりのオーガニックコーヒーです。

 

今なら、定期購入特典として「レビュー書いていただくお礼」として50%OFF!毎回です!

 

デイリーコーヒーはコチラから↑

 

 

【スリムエネマ】は楽天市場・ヤフーショッピングでは販売されていますが

 

ヤフーショッピングでは送料が多少、お高めになりますね。楽天市場は、価格・送料、同じでした。

 

しかし、ポイント還元をねらうのであったら、ポイントデーまで待たなければいけませんね。

 

オンラインサイトなら、いつでもポイント5%還元です。

 

お得に【スリムエネマ】を購入したい方は、やはりオンラインサイトをおすすめします。

 

 

【スリムエネマ】の実際に使用した方の声です

 

楽天市場からの口コミです。

 

慣れてきたら1リットルも良いかも
最初の頃は500〜600ミリリットルでやっていました。
しかしマッサージしてもなかなか便意が来なくて、こんなものなのかな?と思っていました。
ある日お湯を沸かしすぎてしまい、水を足してぬるま湯を作ったところ、1.2リットルくらいの量になってしまい、2回に分けて使おうと注入してみたところ……割と温かかった為、直ぐに便意がきました。
1度トイレに行き、2回目の残り分を注入したところ今まで届かなかった腸まで届いたのか凄い量の便が出ました。
効果が無い、とおっしやった方はどれ位の量を試されたか分かりませんが「手を入れても熱過ぎない温度」と「1リットル弱」の量でやってみると効果あります。
★★★★★星5

中々です。
ゲルソン療法のコーヒーエネマ、最初は500ミリでやりました。2回目は、1リットル。
体を左側にして、仰向けになって腰を上げる、右側にすると1リットル以上は入ると思います。浣腸のように、我慢出来ないとかではなく、時間はある程度、コントロール出来ます。12分が理想とどこかで見たことがあります。簡単にウンコが出ます。快便の方にもオススメします。
温度は、体温に近い温度でしてます。
コーヒーはオマケで2つ付いてましたが、市販の物でしてます。
★★★★★星5

割と簡単でした!後は慣れるだけ!
購入までかなり悩みましたが、下腹スッキリになりたくて購入しました。
「痛そう」「怖そう」「ややこしそう」と思っていましたが、
実際使ってみるとそんなこともなくて、
少し早起きして毎日使っていますが、片付けも簡単でした。
使い方などの説明は、あの用紙だけで十分よく分かりました。
スリムエネマの本体もものすごくしっかりした造りで、
これなら簡単に破れたりしないだろうと思います。
これから毎日の習慣にしたいと思います。
★★★★★星5

 

その他にも、とても詳しく、使用した方の声がオンラインサイトに掲載されていました。

 

楽天市場での【スリムエネマ】の評価は4.17と高評価です。

 

 

自分で出来るから恥ずかしくない

安心・腸内洗浄【スリムエネマ】

 

 

 

詳しくオンラインサイトをご確認して下さいね↓クリック

腸内洗浄(浣腸)器具スリムエネマ販売サイトはこちら

 

 

 

 

 

 


運営者情報・特定商取引法に基づく記述